トーセンファントム競馬血統データ

●2歳で競走能力を喪失して引退ネオユニヴァースの未完の大器

2015年度種牡馬ランク第88位2007 (平成19)年生黒鹿毛

●トーセンファントム血統図

ネオユニヴァース
鹿2000
サンデーサイレンス
Sunday Silence
Hallo
Winshing Well
*ポインテッドパス
Pointed Pass
Kris
 Silken Way
バースデイローズ
栗1995
*トニービン
Tony Bin
*カンパラ
Severn Bridge
エリザベスローズ *ノーザンテースト
*ノーベンバーローズ

●トーセンファントム血統背景

父ネオユニヴァースは皐月賞、ダービーの勝ち馬。母バースデイローズは芝1200で1勝。祖母エリザベスローズ(セントウルS)の仔に、フサイチゼノン(弥生賞)、アグネスコールド(スプリングS)、リミットレスピッド(根岸S)。アグネスコールドはフラジルで種牡馬になり、G1馬を複数出して成功している。ネオユニXトニービンの配合は、ネオヴァンドーム、デスペラード、アムールポエジーらと同じニックス。

●トーセンファントム血統、クラス別勝鞍・勝率

ダート
OP 2勝/22.2% 0勝/0.0%
1600万 0勝/0.0% 0勝/0.0%
1000万 0勝/0.0% 0勝/0.0%
500万 0勝/0.0% 1勝/33.3%
未勝利 3勝/7.9% 1勝/1.9%
新馬 0勝/0.0% 0勝/0.0%

●トーセンファントム産駒データ

■代表産駒

ブレイブスマッシュ(サウジアラビアRC)、マシェリガール(クローバー賞)、ハレルヤボーイ。

■特注馬

ハレルヤボーイ/中山芝1600の未勝利圧勝があり、ニュージーランドTで一考。その後のラジオNIKKEI賞も。
プレイブスマッシュ/ハレルヤボーイと一緒に中山を走ろうぜ。母の血統から中長距離適性があるかも。2200でどうだ。
トーセンラムセス/中長距離血統クリス、ダイイシスの全兄弟クロスを持つ。長目の中距離ダートが新天地とならないか。

■最適コース
牡/中山芝1600、札幌芝1500 牝/中山芝1600、札幌芝1500

■全成績7-8-5/135

■距離別・道悪
芝10-12 0-0-0/11 D0-13 0-1-0/18
芝14-15 2-1-0/17 D14 0-0-016
芝16 3-3-0/24 D16 2-2-1/12
芝17-18 0-0-1/13 D17 0-0-2/10
芝20 0-0-0/8 D 1 8-19 0-1-1/14
芝21- 0-0-0/0 D20- 0-0-012
芝合計 5-4-1/73 D合計 2-4-4/62
芝道悪 2-0-0/11 D道悪 0-2-2/28

■人気別回収率
1人気_単90%· 複55% 2-0-0/4
2·3人気_単167%· 複90% 3-2-1/10
4-6人気_単85%· 複98% 2-4-2/26
7人気以下――単0%· 複25% 0-2-2/95

■条件別・勝利割合
穴率-14.3% 平坦芝率-40.0%
芝道悪率-40.0% 晩成率-14.3%
ダ道悪率_0.0% 芝広いコース率-40.0%

■騎手別勝利数トップ3/横山典、菅原隆、吉田豊

■成長度(勝利数/出走頭数)
2歳一5勝/28頭
3歳前半—-1勝/7頭 3歳後半-1勝/6頭
4歳__ 5歳 一
6歳以上

●トーセンファントム血統勝利ポイント

  • 上がりのかかる馬場は好材料
  • 中山芝1600こそ真価発揮
  • 素質のある馬は仕上がり早い

●トーセンファントム産駒・血統競馬勝利ポイント

ザラ・アガ・カーン王女が英紙「レーシングポスト」に語った「短期的な利益を追求したり、新種牡馬に依存したりではなく、じっと我慢すること」のまさにそれ。現3、4歳は島川オーナーの生産馬。16年2月末現在、東京芝1600/3勝も2勝が上がり35秒台。札幌芝/2勝もあり、パワー型に近いとし、最適コースに中山芝1600を推奨した。勝ち距離はマイル中心だが、中距離も守備範囲とする。勝ち馬4頭は全てデビュー4戦以内で勝利。

●現役時代

中央4戦2勝。主な勝ち鞍、いちょうS。当歳セレクトセールの落札価格は9450万円。阪神マイルの新馬を1培すると、続くいちょうs(当時オープン特別)は折り合いを欠き、直線でも進路がふさがるチグハグな競馬。しかし前が開いてからの瞬発力はすさまじく、あっというまに抜け出して連勝。松田国英調教師は「うちの一番馬」と、期待を口にした。3戦目は東京スポーツ杯2歳S。ここまで手綱を取った内田博幸に代わるスミヨンの騎乗で後方待機。直線はローズキングダムとの激しいマッチレースになり、いったんは前に出たが最後は差し返されて2着に惜敗。上がりは33秒4だった。翌年のダービー2着馬と互角の内容を示したのだから、価値が高い。朝日杯FSは3香人気で14着。レース後、右前浅屈腱の不全断裂により、競走能力喪失が判明した。

TOPへ戻る

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です