ストリートセンス競馬血統データ

●ジンクスを破りBCジュヴェナイル&ケンタッキー・ダービーを制覇

2004年生鹿毛アメリカ産初年度産駒登録数93頭

●ストリートセンス血統図

ストリートクライ
Street Cry
黒鹿1998
マキアヴェリアン
Machiavellian
Mr. Prospector
Coup de Folie
ヘレンストリート
Helen Street
Troy
Waterway (0-1)
ビーダズル

Bedazzle
鹿1997

デイキシーランドバンド
Dixieland Band
Northern Dancer
Mississippi Mud
マジェステイックレジェンド
Majestic Legend
His Majesty
 Long Legend (22-b)

●ストリートセンス血統背景

父ストリートクライはドバイワールドCなどGI2勝。産駒にゼニャッタ(BCクラシックGI)、ショッキング(メルボルンCGI)。址系は近親にミスターグリーリー(種牡馬)、一族にデインヒルダンサー(種牡馬)。母の父ディキシーランドバンドはデルタブルース(菊花賞)、サウンズオブアース(有馬記念2着)の母の父。

●ストリートセンス代表産駒

フリートストリート(エルムS)、ノウレッジ(新潟2歳S2着)。

●ストリートセンス血統勝利ポイント

  • 東京ダ1400&1600は買い
  • 昇段初戦の競馬でも侮るな
  • 芝→ダート替わりに妙味の競馬

●ストリートセンス産駒・血統の競馬予想

北米、オセアニアでGI勝ち馬を出しているものの、大物と呼べる産駒はいない。13年の1シーズンを日本で供用だが、外国産と持ち込みとして輸入された産駒が実績を残しているのは心強い。15年末現在、12頭が出走し、9頭が勝ち上がる効率の良さに加え、高額条件での好走もある。
芝・ダート別、得意コースのデータは以下の通り。
芝【6-3-3】、勝率/17.6%
ダ【17-12-7】、勝率/17.5%
l 京都ダ1200 3-0-2
2 東京ダ1400 2-3-1
3 東京ダ1600 2-0-0
3 中山ダ1800 2-0-0
5阪神ダ1400 1-3-0
芝、ダートとも勝率こそ大差はないが、勝ち鞍数からも信頼性からいえばダート。東京ダート1400&1600を得意とし、湿った馬場に強いのはアンブライドルド系と共通する。勝ち上がった9頭のうち5頭が新馬勝ちし、トレーニングセール出身馬もいるだろうから、データを丸ごと鵜呑みにできないが、2歳から走るのは間違いない。まずは秋の東京ダート戦に注目。前走l着馬の連勝もH立ち、昇級戦で人気薄なら狙ってみるのも手だ。芝はフギンの短距離4連勝こそあるが、本馬自身がスタミナのある血統を豊富に持つだけに、茫駒もコーナー4つの中距離向きとする。また、ノウレッジのように芝で限界をみせた産駒のダート復活もありだ。クラシック云々はともかく、リボーのクロスを持つ産駒の一発大駆けには期待する。

●現役時代

北米で通算13戦6勝。主な勝ち鞍、ケンタッキー・ダービー(米GI・lOF)、BCジュヴェナイル(米GI·8.5F)、トラヴァーズs(米GI・lOF)など重賞5勝。BCジュヴェナイルとケンタッキー・ダービーの両レースを制する史上初の快挙を逹成。舞台はともにチャーチルダウンズ競馬場。内目の後方に控える競馬から直線抜け出す戦法も同じだった。他に“真夏のダービー”トラヴァーズSを制している。二冠HのプリークネスSとBCクラシックはカーリンのそれぞれ2着、4着。

TOPへ戻る

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です