ステイゴールド競馬血統データ

●ステイゴールド血統図

サンデーサイレンス
Sunday Silence
青鹿1986
ヘイロー
Hallo
Hail to Reason 1958
Cosmah 1953
ウイツシングウエル
WINSHING Well
Understanding
1963
Mountain Flower 1964
ゴールデンサッシュ
栗1998
デイクタス
Dictus
Sanctus
Doronic
ダイナサッシュe ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ

●ステイゴールド血統背景

血統は父サンデーサイレンス×母父トニービン。母ゴールデンサッシュの全景にサッカーボーイ(マイルCS、阪神3歳S)。全妹レクレドール(ローズS)の仔にベルーフ(京成杯)、半妹の仔にショウナンパンドラ(ジャパンC、秋華賞)、ドリームパスポート(神戸新聞杯)。近親にバランスオブゲーム(毎日王冠)、タマモベストプレイ(きさらぎ賞)、フェノムゲーム(ダイヤモンドS)など、活力ある一族。母父ディクタスはジャックルマロワ賞の勝ち馬。ディクタス☓ノーザンテーストの配合で多数の一流馬を送り出した。

●クラス別鞍勝鞍・勝率

ダート
OP 48勝/10.9% 0勝/0.0%
1600万 21勝/7.8% 3勝/7.9%
1000万 44勝/10.1% 9勝/10.1%
500万 83勝/7.4% 19勝/5.4%
未勝利 116勝/8.2% 30勝/5.6%
新馬 24勝/5.9% 1勝/2.9%

●ステイゴールド産駒データ

■代表産駒

オルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、フェノーメノ、レッドリヴェール、オーシャンブルー、シルクメビウス、ナカヤマナイト、マイネルメダリスト、フェイトフルウォー、アルコセニョーラ、ウインプリメーラ、キャットコイン。

■特注馬

トゥインクル/レインボーダリアの近親らしい重の鬼。春の天皇賞は荷が重いだろうが、アルゼンチン共和国杯狙い。
ココロノアイ/順調ならマーメイドSで期待。2010年以前にはコスモプラチナ1薦など、ステイ牝馬が走った重賞だ。
クロコスミア/3普が多くて勝ち味に遅いが、しぶとさが魅力。母系スタミナ十分で、フローラSに出てきたら穴候補。

■最適コース

牡馬・中山芝2500、小倉芝2000
牝馬・東京芝2000、東京芝1600

■全成績

398-361-372・5137

■距離別・道悪

芝10-12 11-13-8/280 D10-13 6-3-3/152
芝1415 18-7-19/284 D14 9-5-8/162
芝16 45-56-45/643 D16 3-8-4/77
芝1718 75-71-68/928 D17 12-8-11 /157
芝20 103-94-88/1153 D18-19 26-21-33/411
芝21- 84-67-75/792 D20 6-8-10/98
芝合計336-308-303/4080 D合計62-53-69/1057
芝道悪56-57-49/729 D道悪20-20-30/ 412

■人気別回収率

1人気――ー単75%· 複87% 112-70-49/349
2·3人気_単86%· 複76% 1341- 08-84/766
4-6人気――月単86%· 複84% 92-113-138/1181
7人気以下—―― 単67%· 複69% 60-70-101/2841

■条件別•勝利割合

穴率一-29.4% 平坦芝率――-46.7%
芝道悪率-16.7% 晩成率—-57.8%
ダ道悪率—-32.3% 芝広いコース率-41.1%

■騎手別データ

勝利数トップ3/柴田大、蛯名、戸崎

■成長度(勝利数/出走頭数)

2歳—-66勝/358頭
3歳前半—-102勝/442頭 3歳後半-93勝/331頭
4歳—-87勝/156頭 5歳—-39勝/98頭
6歳以上—-11勝/59頭

●ステイゴールド血統勝利ポイント

  • 中山阪神の中長距離の鬼血統!
  • タフな展開と道悪で一変
  • 前走5着~9着が穴ゾーン

●ステイゴールド産駒・血統勝利ポイント

重賞41勝中、前走5着~9着/12着
牡馬の芝1600重賞/8連対中、5番人気以下/6勝
宝塚記念5勝、有馬記念4勝。長い緒戦が得意なディープに対して、内回りのコーナーや短い直線で機動力を使えるのが最大の長所だ。中山芝2200と芝2500、阪神芝2000と2200など、得意コースではワンツーもたびたび。得意コースではワンツーも見られ始めた。もちろん長い直線が苦手なわけはなく、春天3勝など京都や東京の重賞勝ちも少なくないし、牝馬は東京の芝1600と芝2000で優秀な成績を残している。過去5年、牡馬の重賞勝ちは全て芝1800位上(16年にアーリントンCの勝利あり)。中長距離に向き、特に母父メジロマックイーンの配合馬は、無尽蔵のスタミナを秘める。ゴールドシップに象徴される気まぐれな俺様気質で走りの振幅が大きく、前走で大敗した馬が一変して巻き返す。牡馬は芝1600~2200に向き、近年はマイル重賞の穴が多い。15年の阪神JFでは5頭出しをして、10番人気のウインファビラスが2着した。新馬を勝った馬より、未勝利を勝った馬が波乱の主役になる。スロー→ハイペース代わり、芝2000だけはハマる馬、夏秋に調子を揚げる馬など各馬の金庫を探そう。芝の重・不良は鬼。ダート馬は少数派も、ダ2400がおいしい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です