スペシャルウィーク競馬血統データ

●武豊に初の栄冠をもたらした最強世代のダービー馬

スペシャルウィーク

2015年度種牡馬ランキング第34位 2014年度種牡馬ランキング第17位 2013年度種牡馬ランキング第19位
1995 (平成7)年生黒鹿毛2016年種付け料[>150/生

●スベシャルウィーク血統図

サンデーサイレンス
Sunday Silence
青鹿1986
ヘイロー
Hallo
Hail to Reason 1958
Cosmah 1953
ウイツシングウエル
WINSHING Well
Understanding
1963
Mountain Flower 1964
アイリッシュダンス
鹿1990
トニービン
Tony Bin
カンパラ
Savern Bridge
ビューパーダンス
Bubper Dance
Lyphard
My Bupers

●スベシャルウィーク血統背景

血統は父サンデーサイレンス☓母父マルゼンスキの配合はロイヤルタッチメジロベイリらと同じ。母キャンペンガールは不出走。瀕死の状態で本馬を産み落とし出産後すぐに息を引き取った。半姉も牧場火災で亡くなっている。近親にプレシャスソング(青葉賞2藩)スターサンシャイン(毎日杯)。4代母シラオキは名牝系の祖でシーイズトウショウ一族と共通。母系はマルゼンスキー☓セントクレスピン☓ヒンドスタンと重厚な持久力血統の積み重ね。

●スベシャルウィーク血統、クラス別勝鞍・勝率

ダート
OP 11勝/63% 10勝/119%
1600万 6勝/58% 10勝/143%
1000万 18勝/6.4% 17勝/10.2%
500万 39勝/5.9% 37勝17.3%
未勝利 39勝/7.4% 31勝/6.7%
新馬 10勝/6.1% 12勝/20.0%

●スベシャルウィーク産駒データ

■代表産駒
フエナヒスタ(ジャパンC)、シーザリオ(オークス)、トーホウジャッカル(菊花賞)、ローマンレジェンド(東京大賞典)
ゴルトブリッツ(帝王賞)、インティライミ(京都大賞典)、リーチザクラウン(きさらぎ賞)、ウインフルブルーム(京都金杯)、サンバレンティン(福島記念)、ナリタクリスタル(新潟記念)、ファイアフロト(京王杯AH)、ブリッツェン(ダービー卿)トーホウシャイン(マーメイドS)、クィーンズバーン(阪神牝馬S)、スムースバリトン(東京スポーツ杯2歳S)、トライアンフぁ~血(皐月賞2着)、フローテーション(菊花賞)
■特注産駒
ペイシャフェリス/中山芝1600向きは知れ渡ったが、函館芝1800や札幌芝1500も合いそう。内枠に入ればなお良し。
アドマイヤライン/差しの届く馬場なら買えるが時々しか
そうならないから穴になる。中京か小倉の開催後半向き。
■距離別・道悪
芝10~12 10-23-19/273 D 10~13 13-18-16/246 芝14~1515-25-18/219 D 14 20-9-12/200 芝1623-17-24/312 D 16 6-5-2/88 芝17~1825-34-33/ 454 D 1 7 22-17-19/228 芝2035-29-28/423 D 1819 50-33-30/522 芝2115-18-19/235D 20~6-3-1 /67 芝合計123-146-141/1916D合計117-85-80/1351 芝道悪1 8-26-28/348 D道悪41-25-34/514

■最適コース
牡馬/阪神ダ1800、小倉芝1800
牝馬/中山芝1600、阪神芝1600

全成績240-231-221 /3267

●スベシャルウィーク血統・産駒勝利ポイント

  • 2歳戦と休み明けの鉄砲で快速する
  • 古馬で充実するダート競馬は堅実に走る
  • 使い減りする馬はかけては駄目

●スベシャルウィーク産駒・血統勝利ポイント

阪神ダート/29勝(得意)、福島ダート/4勝(苦手)
菊花賞馬トーホウジャッカルと、皐月賞3着馬ウイン
フルブルームが長期離脱してしまい、ラインアップが寂しい。今は母の父としてクラシック候補を送る立場だ。数年に1頭、クラシック・タイプの大物を輩出し続け、 これらの中長距離型は長い末脚を使い、大舞台に強い特性を持つ。その反面、一瞬の器用さには欠け、小回りでは 取りこぼす。ブエナビスタも有馬記念や宝塚記念は勝て なかった。母父スペシャルのエピファネイアにも似たと ころがあった。芝2000芝2400型は長い直線向きだ。一方、軽快なマイラー先行馬も多く、こちらは直線の長さどうこうより、ワンペースの流れに向く。マイル戦なら阪神と中山が好成績で、これは急坂のあるコースの ほうが流れ的に合うからだろう。スローに落とし過ぎる と良くないので、好走・凡走の理由としてペースをチェ ックして次走に活かしたい。牝馬は芝1200も走る。ダートは阪神の勝ち鞍が抜けており、特に阪神ダ1800 の1番人気の安定感が高い。ローマンレジェンドのように牡馬のダート馬は堅実だ。穴は距離短縮馬に多く見られ、ダ1800→ダ1400、ダ1800→ダ1700、芝2000→ダ1800の使い方はヒモ穴に注意。逆にダ1200まで短くなると好走率はガクンと落ちる。ダート短距離の人気馬は危険。

●現役時代

中央17戦10勝。主な勝ち鞍、日本ダービーC、天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンカップ、弥生賞、京都新聞杯、 AJC杯、阪神大賞典、きさらぎ賞。
数々の勲章に彩られた武豊にも、手にしていないタ イトルがあった。ダービーである。4戦3勝で向かっ た皐月賞は、後方から外を通って追い込むも伸びず。 セイウンスカイの逃げ切りを許し、キングヘイローに も遅れをとる3着。「仮柵を外した馬場は内を通る馬 に有利すぎる」と、武豊は不満を露わにした。これで 翌年から皐月賞の週の仮柵外しが見直された。ダービーは直線の長い東京コース。ここなら脚質の不利はない。暴走気味に逃げたキングヘイローが早々 と失速するなか、あっけないほど楽々と抜け、見る見 ると差をつけて5馬身差の圧勝。父・武邦彦に続く親ダービー・ジョッキーの称号をもぎ取った。 子二代ダ菊花賞はまたも仮柵外しのコースでセイウンスカイに逃げ切られて2着。ジャパンCはエルコンドルパサーの3着。そして痛ましい事故が起こる。生まれ故郷の日閏大洋牧場が火災に遭い、多数の馬が焼死。
4歳になると好位につける競馬を覚え、AJC杯、阪神大賞典、天皇賞·春と3連勝。グラスワンダーに
徹底マークされた宝塚記念は敗れたが、不調説で人気 を落とした天皇賞・秋は差して1着。ジャパンCは、 凱旋門賞で土ルコンドルパサーを破ったモンジュー
と対決して完封。エルコンの代理雪辱を果たす。
締めくくりは有馬記念。勝てば春秋の天皇賞+JC+有馬の完全制覇というグランドスラムがかかるなか、 超スローの最後方からグラスワンダーをマーク宝塚
記念と逆の展開だ。一騎打ちの末、鼻面を揃えてゴー ルインするも、微妙なハナ差で2着。武豊がウイニン
グランまでしてしまう、きわどすぎる惜敗だった。

TOPへ戻る

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です