エスポワールシチー競馬血統データ

●GI/JpnI を9 勝 砂のマイル王者

2005年産 栗毛門別産 2016年セリ価格 牡馬804万円 牝馬298万円

●適正

距離適性:中距離 重馬場:中巧 ダート:巧

エスポワールシチー血統図

ゴールドアリュール
Gold Allure
栗1999
サンデーサイレンス
(USA)
Halo
Wishing Well
ニキーヤ
(USA)
Nureyev
Reluctant Guest
エミネントシチー
Eminent City
鹿1998
ブライアンズタイム
(USA)
Roberto
Kelley’s Day
ヘップバーンシチー ブレイヴエストローマン(USA)
コンバルシチー

●血統のいい話

この世代の新種牡馬で一番手強かったのがこの馬だ。立ち姿にも時間がかかったし、歩きの方もなかなか決まらなかった。気の悪さを出す感じで逃げた方が結果が良かった馬には、難しい面があるのだろう。

●現役時代

3~8歳時に40戦17勝2着10回3着3回(JRAで25戦9勝2着6回3着2回)。2009、10年JRA賞最優秀ダート馬、2009、12年NA,.Rダートグレード競走特別賞馬。ジャバンカップダートGI、フェブラリーSGIなど。3歳3月に阪神競馬場の芝1600m戦でデビュー。初勝利まで6戦を要したが、ダート路線を歩むようになって4連勝でオープン入り。4歳3月のマーチSで重賞初勝利を記録すると以降は、バワフルな先行力をいかしてGI /Jpn I 5連勝。本場米国のブリーダーズC クラシックにも挑戦(10着)。とくにマイル戦に強く、船橋競馬場のかしわ記念3勝、盛岡競馬場のマイルチャンピオンシップ南部杯3勝など、本邦最多タイとなる合計9つのGI /JpnIタイトルを手中にした。

●エスポワールシチー血統背景

父コールドアリュール。母エミネントシチーは3勝(うちJRA2勝)。曽祖母コンバルシチーはリンカーンシチー(クリスタルCJpnIII)を出し、四代母リンネスの仔イタリアンシチーからはゴールドシチー(最優秀2歳牡馬)、クラウンシチー(京王杯AHJpn III) が出る。

●産駒特徴

雄大で、筋肉星豊富な馬体から繰り出すバワフルなスピードが武器。瞬発力競馬よりも粘着性を武器とするので芝よりダー トコースの方が持ち味をいかせるだろう。仕上がりが特別に早いタイプとは思わないが、気性の強さを併せ持っていることから、2歳時から短い距離をスタミナー杯に粘り込むような産駒も多いはず。代表産駒に昇り詰めて行くような馬は、ゆっくりとカを付けていく中距離馬だ。(種付頭数2014年110頭、2015年91頭、2016年68頭)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です