マチカネキンノホシの引退後

●マチカネキンノホシの引退後

ひっそりとした再スタート

2002年12月20H、マチカネキンノホシの登録が抹消された。02年夏の札幌記念で不可解なしんがり負けを喫して以来、その動向が話題になる機会がないままの引退だった。『オーナーの待兼牧場で種牡馬になると報じられたが、その良血に着HしたH高軽種馬農協(以降HBA)門別種馬場が導入を決め、スタリオン入りが決まった。キンノホシを担当する山口幸敏場長は、「若駒の頃から走る馬だと思って見ていた1頭だよ。重伐勝ちは2つだけだが、競走成績も水準以上だし、能力はかなりのものがあると思う。それに何といっても血統的な魅力が大きいね」山口場長は日高農協の各地の種馬場で多くの種牡馬を手がけてきたベ
テラン。浦河ではトウショウボーイを担当し、モンテプリンスが引退するときは美浦まで迎えに行った。到着したキンノホシを見た印象は、「大柄な馬だとは思っていたけど、想像以上に身体も大きいし、骨益もある。気性もキツいところがあるし、一癖あるタイプだよ。だからこそいい種牡馬になると思うけどね」というもの。門別の種馬場へ移って今年で6年目を迎えた腕利きの言葉には、キンノホシヘの大きな期待と深い愛情が込められている。
奥の深い良血ぶり
山口場長も注目しているキンノホシの「良血」ぶりは、実はかなり奥が深い。父のシアトルスルーは米国競馬史上初の無敗の3冠馬で年度代表馬。84年には北米リーディングサイアーになるなど、種牡馬実績も申し分ない。日本でもタイキプ
リザードやダンツシアトルなどの活躍馬を出している。栂のアリスベルは米2冠、BCクラシックなどGIを9勝した年度代表馬で、伐金王にもなったアリシーバの全妹で自身もステークスウィナー。爵の父は3冠全てでアファームドの2着に敗れたアリダーだが、その種牡馬成績は秀逸で、代表産駒はアリシーバのほか、SSのライバルだったイージーゴーアー。クリミナルタイプ、カコイーシーズ、リンドシェーバーなど、輸入された直仔種牡馬も多い。舟の父としても凱旋門賞馬パントルセレブル、BCクラシックのキャットシーフなどを甜出している良血の輝きを星にたとえるならば、まさに「キンノホシ」と呼ぶべき名血の結晶である。

新馬勝ちの呪縛

アメリカで購入されたキンノホシは、アイルランドで育成されて2歳の春にH本に到着、待兼牧場を経て美浦へ移った。•リーディングトレーナー•藤沢和雄厩舎のマル外良血馬。馬っぷりも調教の動きも申し分なかったキンノホシは、98年5回東京の2週目、芝l9戦に出走して断然人気に推されたが、出遅れてポツンと離れた最後方を追走。4コーナーで馬群に取りつくと、1頭だけ33秒台の末脚を繰り出して後続を3馬身半ちぎり捨てた。「サラブレッドの手本のような馬体」、「素直で乗り味がいい」という評判通りの派手なデビューで、「これは大物だ」と誰もが思った。ところがダートに替わった昇級戦では内にモタれ、朝日杯では馬群をさばききれず、ラジオたんば杯では勝ったアドマイヤベガと同じような位置でレースを進めたものの、ゴール前で突き放された。NZTは道悪で大敗。NHKマイルカップで素質は示したが、ラジオたんぱ箕では見せ場も作れないなど、ちぐはぐなレースが続いた。負けても負けても人気になったのは、新馬戦の勝ちっぷりが強烈だったからだ。「こんなはずではない」「この相手なら」、……そう思うファンにようやく応えた2勝目は有馬記念の前H。あのデビュ
ー戦の初勝利から1年以上が経っていた。4歳緒戦のAJCCでステイゴールドを退けて初重賞制覇。目黒記念はステイのリベンジに屈したが、凱旋門代登録、僚馬スティンガーとの米国遠征プランも持ち上がった。宝塚記念の凡走で遠征話は立ち消えになったが、アルゼンチン共和国杯ではトップハンデを克服、3番手から直線抜け出す進境を見せて快勝した。その後もH経賞はメイショウドトウと叩き合って2着、京都記念はナリタトップロードに頭差まで迫る2着など、一線級と互角の底力は示している。

リベンジヘの期待

キンノホシの場合、能力はあるか、自分からレースをやめてしまったり、闘争心がかみ合わずにリズムを崩すなど、精神面の課題が大成を阻んだと見られている。こうした気性の激しさ、難しさは、時として闘争心に転化されるため、ハマった時の強さと負けるときの脆さの落怪が大きい。コンスタントに能力を発揮するという意味ではマイナスだが、種牡馬としてはそれほど問題にはならないのではないだろうか。ゴーカイの放牧地の左側を少し下ったところにあるキンノホシの放牧地は、広い窪地のようになっていて、夏の陽射しをさえぎる大きな木が数本植わっている。柵に近寄ると、何しに来たのかというように突進するフリをするキンノホシからは気性の強さとプライドの高さが感じられる。キンノホシは最後に勝ってから2年を経てのス

ヴリル競馬血統データ

●ヴリル競馬血統早見表

ビッグレッドの岡田総帥が買い付けた咲州産のサンデー産駒として話題を呼び、準オープンの奥多摩特別など6勝。7歳で障害入りして東京オータムJ2着した。平地の勝ち距離は芝1400から2000m。 続きを読む »

ウォーターリーグ競馬血統データ

●ウォーターリーグ競馬血統早見表

堅実な先行力を武器に、ダート1200-1800で6勝をあげた外国産馬。準オープンの阪神ダ1400の元町Sを勝ったほか、ユニコーンS4着がある。父デヒアXヘイローXミスプロと米国Jf{l脈で固められた、ダート向きのマイラー。 続きを読む »

ウインラディウス競馬血統データ

●ウインラディウス競馬血統早見表

2歳当時から期待されるも、長い雌伏の期間を経て初重賞は6歳の東京新聞杯。京王杯SCもやコード勝ちしたが、安田記念は2番人気で14着。 続きを読む »

ヴィクトリー競馬血統データ

●ヴィクトリー競馬血統早見表

07年皐月賞、8枠17番から巧みな逃げを打ち、サンツェペリン、フサイチホウオーとのハナ、ハナの勝負を制した。田中勝春は15年ぶりのGI勝利で、GI連敗を139で止めた。母グレースアドマイヤは府中牝馬Sでメジロドーベルの2着。 続きを読む »

イーグルカフェ競馬血統データ

●イーグルカフェ競馬血統早見表

NHKマイルC は53歳岡部騎手の直線一気で、ハナ差の勝利。6歳時にマンハッタンカフェの凱旋門賞に同行して渡仏し、G II ドラール賞3位。中山開催のJCダートでは、 続きを読む »

アルカセット競馬血統データ

●アルカセット競馬血統早見表

JCは外から迫るゼンノロブロイを退け、内をついたハーツっくらいを抑えての優勝だった。父は東京2400G1の鬼。JCえおコースレコードで制したスピードが産駒にはまったくなく、 続きを読む »

ヤシマソブリンの引退後

●ヤシマソブリンの引退後

仰大なる3冠馬の陰に隠れ、なかなか実力を評価されない馬たちもいたあの年、ナリタプライアンの同級生として頑張ったヤシマソブリンは、2002年の秋、故郷である三石橋本牧場に戻ってきた。「あれだけ頑張ってくれた馬だもの。うちで面倒見なくちゃね。牧場孝行な馬だもの……」日高は今、一番牧草を刈るシーズンに人ったばかり。牧場主の橋本義次さんも、牧草作業の真っ最中のところを、手を休めて話してくれた。ヤシマソブリンの様エゾミドリは縁あって16歳の時に橋本さんの牧場に来たそうだ。 続きを読む »

アポインテッドデイ競馬血統データ

●アポインテッドデイ競馬血統早見表

新馬を楽勝、京王杯2歳Sは2着、03年朝日杯FSは1枠を利してコスモサンビーム、メイショウベーラーに続く3着。母父ダンジグらしい軽快なスピードを寺つ外国産馬だったか、1勝に終わった。 続きを読む »

アフリート競馬血統データ

●アフリートAfleet競馬血統早見表

3歳夏までカナダで走り、その後はアメリカを転戦した。近親にカナダの活躍馬多数。プリモデイーネ、驚きのドモナラズなど芝の璽賞勝ち馬を出したが、晩年はダートに集中。 続きを読む »