【競馬血統予想】2017/07/09中京11レース

■ 2017/07/09中京11Rプロキオンステークス 競馬血統予想

芝1400メートル、右回り
3歳以上、オープン、別定 ●波乱あり
一番下の記事におススめ買い目あり。

■ レース展開

実力、実績ともに断然上位のカフジテイクをどう扱うかが最大のポイント。先の帝王賞ではドバイ遠征組が総崩れ(3,5,7着)した。海外遠征後の調整の難しさを端的に示すレースだった。カフジテイクの今週の坂路51秒5は自己ベストだが、フェブラリーSの時と比べると明らかに重い。そこであえてカフジテイクを2番手以降にして、本命をアキトクレッセントを抜擢する。気性が成長して折り合いに心境。左回りは得。何より好枠を活かしてのハナが濃厚。展開利も見込める。、キングズガードは左回りでは持たれる癖があるが、1400メートルなら末脚は切れる。あなたはメイショウウタゲ。本質は1400~1600メートルの差し馬。課題はゲート。好調ベストマッチョ、イーデンホール、前走不利のあったブライトラインにも注目したい。

■ おススめ馬紹介

アキトクレッセント
以前はイライラして精神的なモロさがあったが、今は成長してドッシリ構わ得られている。相手関係は強いが、いい状態で出られるし、ここでどこまで食い込めるかポイント。折り合いに進境。その分、姉妹も高しかに。中京1400メートルは3歳時にカフジを下した舞台。使われてきた強みもある。すんなり先行競馬で一直線も可能。

メイショウウタゲ
前走は心配していた芝の切れ目もスムーズにクリア。直線は少し壁になったが、うまく外へ出してからはしっかり伸び、着差以上に強い内容だった。相手が揃ったここでもそう差はない。前走は直線半ばまでかなりロス。昨秋の1400メートル戦もスムーズならキングズに勝てたのではないか?短距離がいい。大型馬の2走目で上積み十分。中共もGⅡ 3着のコース。

カフジテイク
前走は前有利の競馬だったことを考えればよく頑張っている。その後は放牧に出してじっくり調整。順調だし、力を出せる状態にある。4角でうまく捌ければ!重賞を勝ち、G1では4、3着。実績は他の馬よりも断然凄い。オープン2勝も1400メートルの距離功者。帰国初戦で、フェブラリーS時ほどの動きにはないが、調整は順調。斤量も57キロになっている。

キングズガード(左回りが鍵)
夏場になって体がパンとして、数字以上によく見せている。あとは左回りをどこまでこなせるか。以前より稽古では持たれる綿を見せず走れているし、東京より直線が短くなる分、こらえてくれればういける。前走は58キロで前残りの決着に割って入った。日浅美さを叩き56キロ、直線の長い中京。条件好転。左回りで持たれる面も3走前はマシだった。スムーズなら3着の昨年以上になる。

ベストマッチョ
併せ馬にならなかったが、追いかけてきたハートレーをアッという間に突き放して、素晴らしい伸び脚を掘ろう。回転の速いフットワークで、とにかく反応が抜群だった。心身共に充実している。

■ 競馬血統予想 おすすめ買い目

単勝
1、2、4、8、12、13
馬単
4→1 1←4 4←8 8→4 1→2 4←12 12→4 4←13 13←4 1→12 12→1

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です